教員情報  
     


  オイカワ ユウスケ
  及川 佑介   体育学部体育学科 体育実技   講師
■ 標題
  オリンピック・ベルリン大会におけるバスケットボール種目に関する史的考察②-日本代表チームの戦術について(1936年)-
■ 概要
  日本代表チームは、速攻法をほとんど使うことが出来ず、システムプレーを用いたものの、コーチを務めた三橋誠が、システムプレー(遅攻法)と速攻法を組み合わせた戦術を採用しようとしていた。
  単著   バスケットボールプラザ   NPO法人日本バスケットボール振興会   (47),pp.27-30頁   2010/11