教員情報  
     


  オイカワ ユウスケ
  及川 佑介   体育学部体育学科 体育実技   准教授
■ 標題
  初期バスケット ボール競技におけるドリブル技術の防御性と攻撃性-李想白著『指導籠球の理論と實際』(昭和5年)を基軸として-
■ 概要
  バスケットボール競技がわが国に導入された初期の段階における技術的変化を、ドリブルに焦点を当てて検討することを試みた。現在では攻撃的に用いられるドリブルも、初期においては防御的戦術にも活用され、両者が併用されていた時期があった。その実態を明らかにするために、本研究では、当時出版されていたバスケットボールの専門書のうち、ドリブルに関する記述に注目し、それを分析した。
  単著   『体育・スポーツ科学研究』   (5),pp.13-23頁   2005/03