教員情報  
→更新・入力ページへ  
   TOPページ   


  シガ ミツル
  志賀 充   体育学部体育学科 体育実技   准教授
■ 学歴
1. 1991/04~1995/03 鹿屋体育大学 体育学部
2. 1995/04~1996/03 筑波大学専門学群・研究生
3. 1996/04~1998/03 筑波大学 大学院修士課程 体育研究科
■ 職歴
1. 1998/04~1999/03 東京医科歯科大学 非常勤講師
2. 1999/04~2001/05 パラオ共和国 陸上競技ナショナルコーチ(シドニーオリンピックにコーチとして参加)
3. 2002/04~2005/03 筑波大学体育専門学群 助手
4. 2005/04~2007/03 国立久留米高専 専任講師
5. 2007/04~2016/03 びわこ成蹊スポーツ大学 情報戦略コース 准教授
全件表示(8件)
■ 現在の専門分野
  スポーツ科学, コーチング学, 陸上競技学 
■ 所属学会
1. コーチング学会
2. スプリント学会
3. スポーツバイオメカ二クス学会
4. 国際スポーツバイオメカ二クス学会(ISBS)
5. 体力医学会
全件表示(6件)
■ 社会における活動
1. 2007~2016/03 関西学連大会評議委員
2. 2010~2014 びわこ成蹊スポーツ大学における中高年者公開講座『全力疾走に挑戦』の指導および企画
3. 2012~2016/03 関西学生陸上競技連盟 混成競技強化練習会主催 および指導・講演
4. 2013~2015 日本陸上競技連盟科学分析班にて  混成競技の映像分析を実施
5. 2015/09~2016/03 滋賀県長浜市スポーツ財団とびわこ成蹊スポーツ大学(志賀研究室)との共同事業 『次世代アスリート育成のプログラム』
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 2002/04/01~2004/03/31 JOC(日本オリンピック委員会) 陸上競技コーチングスタッフ
2. 2010/04/01~2012/03/31 日本陸上競技連盟 強化普及委員会 関西拠点委員
3. 2011/04/01~2013/03/31 関西大学陸上競技連盟 混成競技強化委員長
■ 指導クラブ
■パラオ共和国:        陸上競技ナショナルコーチ
■びわこ成蹊スポーツ大学: 監督・短距離・混成コーチ
■東京女子体育大学:     陸上競技部 跳躍・混成パートコーチ
■ 教育上の能力
●クラブ指導実績
1. 1999~2000 パラオ共和国 陸上競技 ナショナルコーチ(短距離)
2. 2012 2012年 全日本ジュニア選手権大会 10種競技 全国3位
3. 2013 2013年 全日本大学陸上競技個人選手権 400m 全国4位
4. 2014 2014年 全日本ジュニア選手権大会 10種競技 全国3位
5. 2017 2017年 全日本ジュニア選手権大会 7種種競技 全国3位、5位
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~2008/03  スポーツ映像データを用いた教育研究(学内共同研究取得・私学施設高度化推進補助金取得)  その他の補助金・助成金 
2. 2007/04~2010/03  科研費:ジュニア期の“けんけん跳躍”導入についての有効性を探る  若手B 
3. 2014/04~2016/03  科研費:女性における水平方向への片脚跳躍運動“けんけん跳躍”が疾走能力に与える影響  基盤C 
4. 2017/04~2019/03  女性競技者における助走付き“けんけん跳躍”の身体制御動作とパフォーマンスとの関係  基盤研究C 
■ 著書・論文歴
1. 論文  志賀充(2013) 女性スポーツ競技者における各種跳躍能力と疾走能力との関係. 体育学研究58-2号.p.429-443.  (単著)  2013
2. 論文  志賀充(2011) 女子疾走パフォーマンスと跳躍能力との関係. コーチング学研究 特別論文集.p.40-41.  (単著)  2011
3. 論文  志賀充 高橋佳三 望月聡 豊田則成 渋谷俊浩 (2009) 陸上競技の短距離選手に対するコーチング実践
びわこ成蹊スポーツ大学紀要. p.121-131.  (共著)  2009
4. 論文  志賀充 尾縣貢(2004)走幅跳競技者の下肢筋力と踏切中のキネマティクス及びキネティクスの関係
-膝関節と股関節に着目して-. 体力科学53 p.157-166.  (共著)  2004
5. その他 混成競技(2013)DVDジャパンライム  (単著)  2013
全件表示(56件)
■ 講師・講演
1. 2011 指導者の知っておきたい身体のこと 子供に焦点を当てた正確に、素早い動作をテーマに 2011 甲賀市 体育協会講演 11.27
2. 2012 転機を生かす考え方について 2012 鹿屋体育大学 講演 1月26日
3. 2012 発展途上国における選手のオリンピック 単著 2012 JICA 講演 6月30日
4. 2013 陸上競技の科学及び実践 講演 2013 【文科省事業の大津市と大学連携『未来アスリート塾』】12.22
5. 2016/12 短時間で効果的なトレーニングを得る方法 【宮崎県延岡地区中高連携事業】 12.10
全件表示(16件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 1994 九州インターカレッジ陸上競技大会  (十種競技) 優勝
2. 1996 関東インターカレッジ陸上競技大会 (十種競技) 優勝
3. 1996 全日本選抜混成競技大会 (十種競技) 3位
4. 1999 アジア競技大会日本代表選手選考競技大会 (十種競技) 5位
■ 学会発表
1. 2016/08 小学生における短期間の跳躍トレーニングが疾走及び跳躍能力に与える影響について 日本体育学会8月
2. 2015 100m選手における1次加速局面の動作改善に関する研究 共著 2015 京都滋賀体育学会 3月7,8日
3. 2015 100m走の上体操作が疾走パフォーマンスに与える影響 -上体の起き上がり距離に着目して-共著 2015 京都滋賀体育学会 3月7,8日
4. 2015 フラメンコにおけるサパテアードに関する研究 -地面反力と脚動作に着目して- 共著 2015 京都滋賀体育学会 3月7,8日
5. 2015 主観的努力度トレーニングが疾走パフォーマンスに与える影響 -100m走の2次加速局面に着目して‐ 共著 2015 京都滋賀体育学会 3月7,8日
全件表示(27件)
■ メールアドレス