教員情報  
     


  ハセガワ チサト
  長谷川 千里   体育学部体育学科 体育実技   准教授
■ 標題
  健康づくり推進のための運動用具の開発に関する研究―食育での活用を意識したオリジナル体操の開発―
■ 概要
  食育への活用を意識したオリジナル体操を考案し、女子大学生を対象に心拍数・METsの測定、アンケート調査を行い、その有用性を検証することを目的とした。その結果、心拍数は113.2bpmから118.2bpm,METsは7から8METsとなり、健康づくりに適した運動強度であると推察された。アンケートでは、全体の9割が「楽しかった」「いろいろな動きや大きな動きが体験できた」「再体験を希望する」「『ベジフルたいそう』との組み合わせで食育が可能であると思う」と回答し、食育での活用についても有効ではないかと推察される。
本研究において、動きのリズムに関する考察を提案した。

  金子嘉徳(女子栄養大学)、鞠子佳香(女子栄養大学)、長谷川千里
  共著   日本体操学会「体操研究」   6,10-18頁   2009/07